引越し前の賃貸物件選びガイド

賃貸物件の間取りのタイプについて。

賃貸物件間取り図の見方

新築マンションや賃貸アパートの情報を見る際、必ず間取り図が表示されていると思います。
実際の大きさはモデルルームや下見などで確かめるとして、まず間取り図から部屋をイメージし物件を絞り込みましょう。


賃貸物件 キッチン・トイレ・バス・収納などの配置をイメージする
コンロの熱源が、ガスなのか、電気なのか、また口数も確認する。
ユニットバスが嫌であれば、セパレートであるかを確認する。
収納の位置、数などを確認する。
玄関から部屋の間にドア等があるのか確認する。(ワンルームの場合、部屋が丸見えになるタイプが多い。)
※洗濯機置き場については表記されていないことがあるので要確認

賃貸物件 賃貸部屋の窓の向き(方位)を確認する
南向きが日当たりも良いので好条件。
東向きは午前中、西向きは午後の西日が当たります。
※窓の前に遮蔽物(ビル・マンション等)の有無は現地で確かめましょう。

賃貸物件 賃貸間取り図から読み取る情報
不動産会社さんなどで間取り図を見る際、家賃(敷金・礼金)や駅までの距離や駐車場の有無、設置済み設備や入居可能日など、重要な情報も記載されています。
部屋の間取りのみ重視せず、すみずみまで目を通し検討しましょう。


賃貸物件 賃貸部屋のタイプ
1R(ワンルーム)・・・部屋とキッチンが仕切られていないタイプ。
1K ・・・部屋とキッチンが分けられているタイプ。
1DK ・・・部屋と、DK(ダイニングキッチン)のタイプ。
1LDK ・・・部屋と、LDK(リビングダイニングキッチン)のタイプ。

(例)2LDKとは、2部屋とリビングダイニングキッチンのある部屋のことを言います。

賃貸物件 ネットで探す賃貸・不動産サイト -------------------------------------------------

▲ページのトップへ戻る
※一般的な賃貸アパート・マンションに関する引越しや借り方を紹介しています。条件によっては異なりますのでご注意ください。