引越し前の賃貸物件選びガイド

初期費用ってどのくらいいるのか。

賃貸物件賃貸アパート・マンション初期費用

賃貸のアパートやマンションを借りる時にかかる初期費用です。

賃貸物件 敷金(保証金)
家賃の不払いに対する担保として、また退去時などの修繕費用や原状回復費用の前払いのために預けるお金のことです。
退去時に修繕費を除いた分が返ってきます。
家賃の2〜3か月分くらいが一般的です。

賃貸物件 賃貸前家賃
入居可能日から次の家賃支払日までの家賃を先払いします。
月初めに入居であれば1月分(3月に契約、4月1日入居であれば、4月分)を契約時に先払いします。
月途中での入居の場合、家賃支払日までの日割り分と翌月分の家賃を支払うことが多いです。

賃貸物件 賃貸仲介手数料
不動産会社を介して借りる場合、報酬として支払うお金です。
賃貸の場合、通常、家賃の1ヵ月分です。

賃貸物件 賃貸火災保険料(損害保険料)
入居時に損害保険(火災保険)の加入が義務付けられている場合が多いです。
2年ごとの更新で、15,000円〜20,000円が相場のようです。

賃貸物件 賃貸共益費(管理費)
賃貸アパート・マンションの共用部分の管理・維持費用で、毎月支払うものです。
間取り図に家賃とは別に記載してある場合は確認しておきましょう。

賃貸物件 賃貸礼金
昔からの慣習で支払う形が未だに残っているものです。
現在では不動産会社に紹介料として礼金の一部を充てている大家さんもいるそうです。
敷金(保証金)と違い、退去時に帰ってくることはありません。
最近では礼金0の物件増えていますので、探してみるのもありですね。

賃貸物件 ネットで探す賃貸・不動産サイト -------------------------------------------------

▲ページのトップへ戻る
※一般的な賃貸アパート・マンションに関する引越しや借り方を紹介しています。条件によっては異なりますのでご注意ください。