引越し前の賃貸物件選びガイド

引越し後も各種手続きが必要です。

賃貸物件引越し後にする手続き

賃貸物件 転入届
転入届は、引越し後14日以内に手続きを行わなければなりません。
引越し先の市区町村役場に、転出届の時に交付された”転出証明書”を持参して手続きを行いましょう。

賃貸物件 引越し先での挨拶
引越し先での挨拶は、とても大切です。
引越し先での挨拶は地域の慣習などの違いもありますので、事前に不動産会社の人や大家さん、管理人さんに、挨拶はしたほうがいいのかなどを聞いておくと良いでしょう。
挨拶に持っていく品物は高価なものは必要なく、1000円以内のお菓子・洗剤・石鹸・日用品などの、誰でも必ず使用する物や召し上がれるものを持っていくのが一般的のようです。

賃貸物件 引越し通知(転居通知)
引越し後、友人・知人に「引越し通知(転居通知)」を郵送しましょう。
メールで知らせる事も出来ますが、その場合でもお世話になっている方、古くからの知人などには引越し通知(転居通知)を送るようにしましょう。

賃貸物件 預金通帳・クレジットカード・生命保険の住所変更手続き
引越しが決まったら、預金通帳・クレジットカード・生命保険の住所変更手続きを速やかに行いましょう。

賃貸物件 資格・会員登録の手続き
引越しによって住所が変更になる場合は、取得している”資格・会員登録”などがあれば住所変更が必要になる場合があると思います。
引越し後、速やかに変更手続きができるようにしておきましょう。

賃貸物件 愛犬の登録手続き
飼っている犬の登録は、一生に一度。
すでに登録を済ませている場合には特に手続きは必要ありませんが、引越しで住所が変更になった場合、、「鑑札の変更(交換)」が必要になります。
引越し先の市区町村役場で手続きを行いましょう。

賃貸物件 ネットで探す賃貸・不動産サイト -------------------------------------------------

▲ページのトップへ戻る
※一般的な賃貸アパート・マンションに関する引越しや借り方を紹介しています。条件によっては異なりますのでご注意ください。